-

クルマに乗る方は知っていると思いますが自動車税という税金が徴収されます。それでこれは、手放すクルマ買取時に当然のように戻ってくるものなのです。こういった内容は実際に実行してみたら頭に入ってきますが、はじめから流れを分かりやすく説明していきます。念のため説明をさせて頂けば、日本で生産された自動車のみが対象ではなくイタリア車等も税金が返還される範囲になります。車もそうですね。自動車税という税金は自動車を所有している人が払わなければいけないものですが自動車の排気量により決定されます。1リッターより低いならば29500円1リッターから1.5リッターまでなら34500円です。これからは500cc毎に5000円増加していきます。これは4月1日現在ので車を所有している人が、その年度のお金を納付する義務となっています。ということは事前納付になるということですから、当然自動車を売却して所有権を手放した場合は先に払った分の税額は戻ってくるというわけです。この自動車税というのは事前納付でその年度の自動車税を支払いますから年度内に自動車を手放したときは新しい保有者がお金を負担するのです。買取先が買取専門店の場合は買い取り時に所有者が払いすぎたお金を返還してくれます。所有権を手放した瞬間以降の自動車税は、入れ替わったオーナーが納付義務を負います。もしあなたが10月中に車を売却した時は、11月以降来年3月いっぱいまでの払った税金は返還されます。というのは繰り返しになりますが自動車税の場合は一年分を前払いしているという事実からもわかります。まとめると売却者は買い取った相手に税を返還してもらうということなのです。業者を介さずに自動車を手放すときに、何気にこのような大事な事実を忘れている人がいますため忘れないようにしましょう。自動車税が自動車を売った際に返金されるという知識を意外に知られていないからと言って、その事実を悪用する買取業者もいます。こちら側から税金についての話をしなければ、完全にそのことについて説明しないという場面も聞きます。ですから愛車の買取をする際には、自動車税が返金されるのかどうかの確認を怠らないようにしなければなりません。