-

車を持っている人でしたら知っているはずですが自動車税という税金を支払う義務があります。そして自動車税は、査定に出す愛車売却時に一般的に戻ってくるものなのです。これは本当に実行するとすぐ分かりますがそれでは最初から順番に出来るだけわかりやすく紹介します。当たり前ですが説明をするとすれば、日本で生産された自動車だけでなく海外の車などでも還付されることになっています。これは所有車についてもそうですね。自動車を所有する人が支払う税なのですがこの金額はそれぞれの排気量の大小により決定されます。1リッターより低いのであれば29500円、1リッターより上で1.5リッターの場合34500円。これからは500cc毎に5000円増加していきます。そして自動車税は4月1日現在ので車を保有している人が、その年度の全額を納めるように定められています。要は事前納付になるということですので愛車を売ってしまって所有権がなくなった時には先払いした分のお金は戻ってくるということです。自動車税の場合は事前納付で年度内の税金を納付しますので、一年以内に愛車を引き取ってもらった場合は、新たな保有者がお金の納付義務を負うのです。売却相手が中古車買い取り専門店なら、引き取り時に所有者が前払いしている分の税額を返還してくれます。つまり所有権が移転された日より後の税額は新しいオーナーが払わなければなりません。例えば10月のうちにクルマを売却したのであれば11月以降来年3月までの税額は還ってくるのです。それは、前述した通り自動車税というのは一年分を先に支払っているということによるものです。つまり前オーナーは売却相手に自動車税を返還してもらうということになります。個人的にクルマを売却する場合、意外にこの知識に気付かない方が見受けられるためきっちり確かめるようにしなければなりません。自動車税という税金は自動車を売却すると戻ってくるという知識を意外に知っている人が少ないからと言ってそれを悪用している買取業者もあるのです。こちらから自動車税の返金について話を切り出さなければ、全然自動車税のことに関して説明しないということもしばしば聞かれます。ですから愛車の買い取りをお願いする時には、自動車税が返金されるかどうかを確認することを忘れないようにしてください。