-

愛車を買い取ってもらう際、愛車の買取の時も印鑑証明というものが必要です。この印鑑証明という書類について説明しましょう。印鑑証明という書類は、その印鑑が実印で間違いないという事実を保証するための公式な書類です。この書類がないと使っている印鑑が実印であるということが保証できません。高額な売買になる車両の売却のため、どうしても実印が必要ですがそれとセットで印鑑証明が出てきます。この印鑑証明を交付してもらうには発行前に印鑑証明の手続きをする必要があります。印鑑証明に登録するはんこは正式には実印と言われ世界で唯一のハンコであることが条件です。この印を用意して近所の市役所などへ出向けば、印鑑登録できます。印鑑登録の手続きが完了すると印鑑登録カードなるものが交付され印鑑登録手続きをしたハンコは実印になったということになります。印鑑証明を交付してもらうには市役所などの窓口で印鑑登録証明書交付申請書という書類に必要項目を記入して印鑑登録カードを持参するだけでできます。他にも、自動交付機でも交付することができます。印鑑証明には期限切れなどはないのです。なのでどんなに前の印鑑証明だとしてもその効力は半永久的に持続するということです。しかしながら車買い取りの際には印鑑証明は現在より3ヶ月以内に発行されたものでなければなりません。普通は有効期限などはないのですが、中古車の買取のときには、買い取り先の業者が期限を教えてくれるのでもしも中古車買い取りを考えているのであれば買い取りが成立する前に手元に置いておく必要があります。